メディアなどの掲載記事

月刊アートコレクターズ4月号  (2017.03.25発行)

◎新聞記事

2017.02.24 埼玉新聞

2017.02.14 毎日新聞

2017.01.01 下野新聞

 

「新春しもつけ文芸」の挿絵を描かせていただきました。

2016.09.02 毎日新聞

2016.09.03 埼玉新聞

2016.08.28 さいたま朝日

2015.09.24 埼玉新聞

2015.06.28 さいたま朝日

朝日新聞 2014年2月23日

埼玉新聞 2013.08.04(日)

埼玉新聞 2013年1月26日(土) 

下野新聞 2013年1月24日(木)

朝日新聞  2013年1月22日(火) 朝刊

毎日新聞 2013年1月11日

埼玉新聞 2012年8月7日(火)

 埼玉新聞 2012年(平成24年)7月1日(日)

●EGC関連の記事

◎EGC 新聞記事

朝日新聞 広島版

2012.07.07 神奈川新聞

 

信濃毎日新聞 2011.12

埼玉新聞  2011年11月7日(火)

中日新聞・東京新聞 2011年8月26日(金)

埼玉新聞 2011年8月28日(日)

 

神奈川新聞 2011年8月31日

産経新聞 2011.8.24

 

「イレブンガールズアートコレクション」 「松屋銀座」7階画廊

2011.8.24 07:47
瀬下梓さんの日本画「おしゃべりな顔」

クリックして拡大する

瀬下梓さんの日本画「おしゃべりな顔」

若手女性美術家11人が“競演”

 新進の若手女性美術家11人による展覧会「イレブンガールズアートコレクション(EGC)」が24~30日、東京・銀座のデパート「松屋銀座」7階画廊で開かれる。
 EGCは昨年、展覧会限定のアーティストユニット(小山内(おさない)愛美(めぐみ)、川又仁奈(にな)、小柳優衣(ゆい)、サオリ・ルイーズ・タテベ、瀬下(せしも)梓、高橋聡子(ふさこ)、谷田恵実(めぐみ)、CHIKU、長尾友香里、百瀬晴海、山内望起子(みきこ)さん)として結成。猫の絵で知られる画家、與倉豪(よくら・ごう)さん(46)がプロデューサーを務め、若い才能の経済的自立を支援するのが目的という。
 参加アーティストのジャンルは日本画、洋画、版画、立体作品とさまざまで、年齢も21~34歳と幅がある。與倉さんによると、現在、日本の美大生の過半数が女性。「当然、将来のアートシーンを彩るのは女性作家となるだろう。次世代のリーダーを今から育成したい」と述べている。
 入場無料。問い合わせは松屋銀座(電)03・3567・1211。

◎WEB

       

GyaO!presented by YAHOO!JAPAN

  トレンドニュースにて私が参加しているEGCの活動が取り上げられました。

 

・2011.8.17

 美術界にアイドルユニット誕生!? 11人の女性アーティスト「EGC」とは何者?

・2011.9.2

 女の子たちが美術界を変える――11人の女性アーティスト集団「EGC」が浴衣姿で美術展